「NEW GAME!」第4話「初めてのお給料・・・!」レビュー

dcb856c6-s

夜まで残業してお仕事を頑張る青葉。コウからキャラクターのモデリングのリテイクを受けているようですが、しっかりとメモをとって前向きにお仕事をしている姿は健気ですね。
NEW GAME! 4話 感想 64

帰り道はゲームのディレクター・葉月さんと一緒。入社1ヶ月でNPCの3体目に取り掛かっている青葉って、18歳なのにかなり凄いんじゃないでしょうか?

そんな青葉はやっぱり小学生の頃からの憧れだったコウの仕事ぶりを尊敬している様子。だけど、「パンツで寝るのはいけないですよね!」と会社に泊まり込むとパンツ姿になるコウのだらしなさだけは同性としていかがなものかと思っているようです。

青葉がそんな話をした夜、会社で一人残業していたコウはオフィスに自分以外がいなくなった事を確認するや否や・・・スカートを脱いでパンツ姿になって「スッキリ~!スッキリ~!」と超ゴキゲン!コウさん、今日のパンツは白ですね!
ANCB000562

が!そこへやってきたのはアートディレクターのりんさん。オフィスでパンツ姿になっているコウに釘を刺しますが・・・そんなりんさんがこの後・・・。

夜のオフィスでコウとりんが仕事や青葉の事について語り合ったりする様子は、本当に2人が中の良い同僚だというのが伝わってきますね。青葉に対しての評価もいい感じ。コウはもっとガツガツと自己主張して欲しいと思っているようですが、初々しい青葉にはちょっとハードルが高そうですね。

翌朝。やっぱりパンツ姿で寝ているコウを見てため息をつくりんさん。だけどちょっぴり興味があって・・・朝のオフィスでりんさんもパンツ姿になっちゃいました!りんさんも白いパンツでした!今回はパンツ盛りだくさんです。
ANCB001065_stitch

朝のオフィスでパンツ姿に挑戦したりんさんですが、コウにその姿を目撃されて大慌て!しかも早朝だというのに青葉が出勤してきたから慌ててコウを押し倒して机の下に隠れます。

そして、ついに出ました!「今日も1日頑張るぞい!」。アニメで動く「頑張るぞい!」が見れただけで原作ファンは大喜びですよね。しかし、そんな青葉の独り言にふき出してしまったコウ。隣のデスクにコウがいる事に気がついて朝の挨拶をしようと青葉がのぞき込んだら・・・そこにはパンツ姿で絡み合うコウとりんさんの姿が!これは青葉には刺激が強すぎます!とんでもない所を目撃されて大慌てのりんさん。こんな職場・・・就職したい!
ANCB000002

CMの後はりんさんが給与明細をチームのみんなに配る所からスタートです。アルバイトもしたことが無い青葉にとって、これが人生初のお給料。それにしても、青葉のお給料のイメージが昭和のサラリーマンなんですが・・・本当に18歳ですか?
ANCB001184_stitch

夕方のティータイムでは青葉の初給料の話で盛り上がります。趣味のフィギュアに投資するモーション班のはじめさんや、奮発していいブランドの洋服を買ったゆんさん。りんさんはコウと初給料で日帰り温泉に行ってきたらしいのですが、コウがその事をすっかり忘れていてひと悶着ありました。りんさん、どんだけコウの事が好きなんでしょう。ちなみにひふみさんはコスプレ衣装を買ったらしいです。どんなコスプレをしたのか非常に気になります。
ANCB001377

その日の帰り道にショーウィンドウの服を眺めてひらめいた青葉。初給料はスーツを買ってくれた両親へのお礼にケーキを買って帰ったみたいです。青葉・・・やっぱりいい子だ!

エンディングの後のCパートでは再びコウとりんさんのシーン。コウが「今からいいところに行こうよ!」と言い出して場面が変わると・・・妙に色っぽいシーンになったぞ!まあ、岩盤浴なんですけどね。それでも2人でのんびり癒されていい雰囲気になるんですが、結局コウの「ちょっと太った?」という一言で台無しに。けれど・・・りんさんの反応を見ていると、ちょっと百合っぽい性格なのでしょうか?気になります。

ANCB002597

今回は青葉の初給料のお話とパンツが美味しい第4話でした。次回は「そんなに泊まり込むんですか?」というサブタイトル。青葉もついに泊まり込みで仕事でしょうか?頑張れ!青葉!

★「NEW GAME!」キャスト・スタッフ★

涼風青葉(CV:高田憂希)

八神コウ(CV:日笠陽子)

遠山りん(CV:茅野愛衣)

滝本ひふみ(CV:山口愛)

篠田はじめ(CV:戸田めぐみ)

飯島ゆん(CV:竹尾歩美)

桜ねね(CV:朝日奈丸佳)

阿波根うみこ(CV:森永千才)

葉月しずく(CV:喜多村英梨)

原作:得能正太郎

(芳文社「まんがタイムきららキャラット」連載)

監督:藤原佳幸

副監督:竹下良平

シリーズ構成:志茂文彦

キャラクターデザイン:菊池愛

アニメーション制作:動画工房

製作:NEW GAME!製作委員会

「甘々と稲妻」第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」レビュー

8bdd7587-s

「甘々と稲妻」第4話「きらいな野菜とコロコログラタン」のレビューです。

ancb00292

勤務先の学校で同僚の教師から、野菜のおすそ分けを貰った犬塚。帰宅すると実家からも野菜がたくさん届き、野菜を使い切ること方法を考えるところから始まりました。

ancb01180

犬塚は、早速レシピを検索して野菜を使ったメニューに取り掛かりました。上手に出来た肉詰めピーマンだったのですが…。

ancb01404

つむぎがピーマンが苦手なことだということを交えながらも、定番と化してきている学校での犬塚と小鳥の会話では、子どもの味覚の繊細さや大人になるにつれて苦手な食べ物も食べられるようになることを語っています。

ancb01984

そして、いつも1人で食べているイメージのあった小鳥のところへ隣のクラスから友人のしのぶの登場です。青果店の娘であるしのぶへ子どもが喜びそうな野菜を使ったレシピを訪ねる小鳥は、なんだか嬉しそうでした。

ancb02034

一方、犬塚は幼稚園でお母さん達に苦手な野菜を食べてもらえるような工夫をしているか訊ねていました。家庭それぞれのやり方がある、ということがわかりました。

ancb02154

そして、小鳥とごはんを作り、食べる日当日、小鳥からグラタンを作ると聞き、嬉しそうな顔を見せるつむぎの姿がありました。小鳥の思惑としては、野菜を小さく切ってベシャメルソースをかけたグラタンにして苦手克服ということです。

ancb02437

野菜を洗うお手伝いをしていたつむぎの前には、赤ピーマンがあったものの小鳥のアイディアで赤ピーマンをコップ代わりにしてフルーツジュースを飲んでみると、そこには美味しそうにジュースを飲むつむぎの姿がありました。アイディア次第で、子どもが苦手なものを受け入れることができそうだという見本のようなシーンに、ほっこりです。

ancb03122

今回のグラタンでは、つむぎのお手伝いシーンが増えているような感じがしましたし、犬塚と小鳥のコミュニケーションが円滑になってきていることが伝わってきます。ベシャメルソースを作っている犬塚から、ダマにならないよう呪文を唱えてほしいと頼まれたつむぎの姿がかわいいのも見どころです。

ancb03836

お手伝いをして出来上がったグラタンは、格別な美味しさなようで満足げにグラタンを食べるつむぎがかわいいです。

ancb03911

犬塚にアーンとしたスプーンには、ありったけのピーマンが隠されていたことも子どもらしいようなつむぎの姿があり、微笑ましい親子の姿がありました。

 

 

 

「甘々と稲妻」第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」レビュー

b2a6e603-s

「甘々と稲妻」第3話「つむぎとおまたせのハンバーグ」のレビューです。

ancb00508

朝食に添えられた母からの手紙を読んだ小鳥が生放送の番組を視聴してみると、制服姿の母の姿がある、というところから始まった「甘々と稲妻」第3話です。

ancb01107

犬塚は、つむぎのためにも朝食作りにも奮闘している様子です。つむぎの嬉しそうな顔が堪らないかわいさです。

ancb01191

父の頑張る姿を見ているせいか、お手伝いにも協力的なつむぎの姿が微笑ましいです。

ancb01395

学校で、小鳥との何気ないやりとりを行うようになった犬塚。小鳥との信頼関係が深まってきた、ということでしょうか。

ancb01542

幼稚園で粘土遊びに夢中なつむぎは、友達から粘土を貰いました。つむぎは、そんなつむぎの様子を見ていたみきおから「泥棒じゃん」と言われてしまいました。

ancb02220

幼稚園から呼び出された犬塚は、つむぎを迎えに行き、つむぎの様子を窺いました。「泥棒」と言われたことにショックを隠せないつむぎを慰める犬塚の姿には、きちんとつむぎと向き合う父の姿がありました。

ancb02594

小鳥のところへ行っても、みきおとの仲直りがスッキリせず、ご機嫌ナナメな様子のつむぎ。ハンバーグで、つむぎに元気を出してもらえるよう頑張ることにした犬塚と小鳥。犬塚が心配していた生焼けにならないよう、今回は煮込みハンバーグにすることになりました。

ancb03525

 

 

 

小鳥の一言から、つむぎと会話を今一度しっかりしてみることにした犬塚は、つむぎが粘土の一見を幼いなりにいろいろ考えていたことを知りました。つむぎを慰める犬塚の言葉と、父である犬塚に認められていることでやっと笑顔を見せました。その後、ハンバーグ作りの手伝いをするつむぎは、粘土遊びで練習していた成果が出た様子でした。

ancb03836

ハンバーグを食べながら涙がこみ上げてきて止まらないつむぎに優しく言葉をかける犬塚の姿には、見ているこちらにまで涙を誘うようなものがありました。

ancb04014

そして、この日が父である犬塚の誕生日であることを覚えていたつむぎにほろっときました。本人ですら誕生日であることを忘れていたのに、幼い娘が父の誕生日を覚えているという健気さです。

ancb04030

犬塚の幸せそうな笑顔とご機嫌なつむぎの笑顔が最高でした。

 

 

 

 

 

 

「甘々と稲妻」第2話「豚汁とみせあかり」レビュー

9cb22f08-s

「甘々と稲妻」第2話「豚汁とみせあかり」のレビューです。前回の小鳥から犬塚への提案がどうなるのでしょうか。

ancb00302

先日、小鳥と3人で食べた土鍋ごはんの時のつむぎの表情から感じるものがあったのでしょう、犬塚が手作り料理に挑戦する朝ご飯のシーンからスタートです。

ancb01450

小鳥からの提案をどうするかを学校で、先輩の教師に相談してみる犬塚。先輩の教師からは、一度小鳥の母と相談してみることをアドバイスされました。

ancb01673

つむぎは、小鳥と3人でごはんを食べた時間がよほど楽しかったのか絵を描いて犬塚に見せるほど。こんな笑顔を見せられたら、犬塚だって前向きに検討するに違いありません。

ancb01928

犬塚は、学校で小鳥に小鳥の母と相談したい旨を伝えました。

ancb02131

つむぎを連れて、ごはんや恵へ到着するとそこにはまたもや小鳥1人がいました。急に不在となってしまった母に、犬塚宛の手紙を書いてもらって了承を得ているあたり、小鳥の本気度が窺えます。

ancb03040

ノリノリでエプロンをまとうつむぎの姿もあって、3人でごはんを作ることになり、小鳥が包丁を持つことが苦手なことが判明しましした。小鳥が包丁を使える人を求めていたこと、犬塚が料理のことで困っていることで利用できると考えたことを正直に話したことで、どうにか犬塚も事情を飲み込んだようでした。

ancb03252

小鳥が母の店の明かりを消したくない気持ちと犬塚が料理で困っていることの利害一致ということで、一見落着していく様子は、なんだか心温まるような感じがしました。

ancb04071

犬塚にとって、つむぎがごはんを美味しそうに食べる姿を見ることが一番の幸せなのかもしれないな、と思える瞬間がちらほらありました。

ancb04187

最後には、つむぎだけではなく、犬塚からも「次を楽しみに」という言葉を聞けて安心する小鳥の姿にグッときました。つむぎが喜ぶから、小鳥とまた食事がしたいいう犬塚の父性というか、そういう姿を今後も見ていたくなりました。

 

 

「甘々と稲妻」第1話「制服とどなべごはん」レビュー

031bfeaf-s

「甘々と稲妻」第1話「制服とどなべごはん」のレビューです。妻を亡くした犬塚とその娘・つむぎの父子の物語、それが「甘々と稲妻」です。

ancb01160

犬塚は、高校教師として働きながらつむぎとの2人暮らしに奔走するシングルファーザーです。父子家庭の大変さが伝わってくる描写がありつつも、つむぎの愛らしさも見どころ。

ancb02379

慣れないことの連続だろうし、コンビニ弁当を食べるつむぎの姿がいじらしくも見えます。

ancb02705

休日のある日、犬塚とつむぎは花見へ行くことに…。

ancb02740

すると、おにぎりを食べながら泣いている何やら訳ありな雰囲気の女性に出会いました。この女性とつむぎのやりとりが、つむぎの子どもらしい好奇心でなんとも可愛らしいのです。このやりとりで、おいしいごはんに興味津々のつむぎでしたが、お重の中にあったごはんは、全て彼女1人で食べていたのでした。しかし、彼女からお重の中身と同じように美味しいごはんを食べられる彼女のお母さんのお店である”ごはんやさん恵”のカードを貰いました。

ancb03563

その後、仕事から帰ってきた犬塚は、テレビ番組で紹介されている料理に釘付けなつむぎの姿に心打たれるのでした。そして、先日の花見で貰った”ごはんやさん恵”のことを思い出し、美味しいごはんをつむぎに食べさせてあげたいと思ったのです。

ancb03886

“ごはんやさん恵”へ到着すると、そこへいたのは制服姿の彼女がいました。お母さんは不在とのことですが、彼女から土鍋ごはんを作ることが提案されました。土鍋ごはんを作りながら、会話をしているうちに彼女が犬塚の勤務する学校の生徒である”飯田小鳥”であることがわかり、犬塚が副担任を務めるクラスの生徒であることもわかりました。

ancb05223

なんやかんやと会話しながら、土鍋ごはんが完成し、3人で食べるとごはんの美味しさにつむぎも満足そうな顔を見せ、犬塚もほっとした様子でした。ここで、小鳥から今後も3人でごはんを時々食べないか、と提案されました。何気ないようでありながら、今後の展開が楽しみになる小鳥からの提案でした。

 

「ReLIFE」第4話「堕ちる」レビュー

ReLIFE

クラスで成績一位の証「シルバーピン」。これまでシルバーピンを手に入れるために努力をしてきた狩生玲奈(かりう れな)にとって、その存在は単に学費や交通費の免除といった特典以外の特別な意味を持っていました。

そんな玲奈を抜いて今学期でシルバーピンを手に入れたクラス一位の女子、日代千鶴(ひしろ ちづる)との関係は悪化する一方です。日代さんは友達のいない自分を変えようと、勇気を振り絞って玲奈に笑顔を向けているつもりなのですが、そのあまりにも下手な愛想笑いが逆効果になってしまい、玲奈からは大きな誤解を受けてしまっています。

v0lud4g0

学食で一人で食事をしている日代の姿すら憎らしく思えてくる玲奈。もう、完全に誤解が悪化して激しい思い込みになってしまっています。

そんな玲奈と日代の様子に気がついているのが主人公の新太。新太はリライフ研究所の夜明に日代のフォローを頼んだりしますけど、夜明は仕事上中立の立場を貫かないといけないので協力には否定的。でも、新太が高校生活で周囲の人間関係に気配りを見せている様子には良い印象を持っているようです。

そして放課後の体育館。玲奈は同じバレー部の玉来ほのか(たまらい ほのか)が幼馴染の朝地信長(あさじ のぶなが)や犬飼暁(いぬかい あきら)と良好な関係を築いている事にも嫉妬のような複雑な感情を抱いてどんどん自己嫌悪の深みにはまってしまいます。

x7gogx0q

小さな誤解や勘違いの積み重ねが、玲奈の中でどす黒く膨らんでいく様子は見ていて痛々しいものがありますね。

そして、ついに事件は起こってしまいました。

体育館の鍵を職員室に返しにやってきた玲奈。玲奈は職員室の入り口に置かれている日代さんのカバンに気がつきます。これまで心の底でくすぶっていた感情がついに暴走してしまった玲奈。「少しぐらい困ればいい!」と悪意で日代さんのカバンを持ち去ってしまう玲奈。そのまま持ち去って駅のトイレにでも置いてしまおうと走る玲奈の元に現れたのは・・・自習で帰りが遅くなった新太でした。

fv3fwyg3

なんとかその場をごまかして立ち去ろうとする玲奈ですが、新太は玲奈が持っているカバンが日代さんの物だと気付いて問いただします。そしてもみ合いになり、玲奈が階段から足を踏み外して転落!・・・しかし!間一髪で新太が玲奈を支えて大怪我は免れたかのようにみえましたが、結局は新太が足を滑らせて二人で派手に階段から転げ落ちてしまいました。

bgi8k7tu

一方、職員室を出て自分のカバンが無い事に気がついた日代さん。その時に大きな物音を聞いて階段に向かってみると、階下で倒れている玲奈と新太の姿が・・・。

サブタイトルの「堕ちる」が「落ちる」とかかっていたのかな?という「ReLIFE」第4話。今回は玲奈の心情が掘り下げられていて、見ているこちらとしては非常に心苦しい部分がありましたね。

そして、階段から転落した玲奈と新太を見つけた日代さん。この状況を、日代さんはどんな風に受け止めて次回につながるのでしょうか?

また、新太の気持ちの変化についても夜明の独白で触れられていましたね。最初はお金とその後の就職の為に始めたリライフ生活ですが、新太の気持ちは少しずつクラスメイトとの人間関係や彼らへの思いが膨らんできているようでした。

それぞれの登場人物の不器用だったりすれ違いだったりという出来事が重なってちょっとずつ複雑になってきた学校生活を描いていく「ReLIFE」。人間ドラマとしても見応えがあるのでこれからも注目していきたいアニメです。

「Rewrite」第4話「いつかあの日に帰るまで」レビュー

Rewrite

オープニング冒頭は風紀委員・中津静流(なかつ しずる)の回想シーンから。家族との思い出のひと時。何気ない、温かい日常の風景の夢を見て涙する静流。彼女の過去には何があったのでしょうか?

そしてオカルト研究会の部室。主人公・天王寺瑚太朗(てんのうじ こたろう)は怪奇現象に詳しい人物と知り合いになれた事で会長の千里朱音(せんり あかね)にオカルトの研究活動をしようとテンション高めに意気込みます。

が、結局あの紳士を見つける事は出来ずに周りから総スカンを食って活動は解散。うん。瑚太朗よ・・・色々と詰めが甘いぞ!

で、結局は一人であの紳士を探すことになった瑚太朗。ただ、探しに行ったのがちょっと治安の悪そうな場所で、なんだかトラブルの気配がします。

そんな危険な場所で肩がぶつかって「これは喧嘩になるか?」と思ったけど、意外と良識的な人だったようで一安心の瑚太朗。この赤髪の人は瑚太朗の事を知っているような感じでしたが?それに「まっとうな学生さんやってんだ」というセリフも気になります。まるで普通の学生をやっているのが不自然だというセリフですね。もしかして、この赤髪の人も超常現象的なものの関係者なのでしょうか?

結局、危険なストリートもクラスメイトのアウトロー・吉野晴彦(よしの はるひこ)と腐れ縁だった事が幸いして危ない目には合わず、それどころか妙な仲間が出来てしまい、おかげでお目当てのお店に辿り着くことができました。

瑚太朗がやってきたのは「Forest」というお店。そこにはあの屋台にいた紳士だけでなく、静流も食事を楽しんでいました。紳士の名前は江坂宗源(えさか そうげん)。へんてこな名刺を作ったり、おやじギャグをかましたりと見た目よりもフランクというかちょっと変な人でした。

江坂から超常現象を撮影した写真を譲ってもらった帰り、瑚太朗は静流がパンの耳を買いだめしたりして質素な生活を送っている事を知ります。そんな静流にCDを買ってあげたりしましたけど、そもそも静流の家にはプレイヤーが無くて聴くことができないというオチが。

そこで、瑚太朗は静流を家に招いて使わなくなった音楽プレイヤーをプレゼントします。その時にちょっとした思春期の思い出話をしたりして、静流はそれを「瑚太朗の秘密を聞いた」と解釈し、この後に思い切った行動に出ます。

瑚太朗にも再びトラブル発生!最近は式神のおかげで夜の部屋に現れなくなった幽霊の少女が、なんと昼間の教室に堂々とやってきたのです!しかも幽霊の姿は他の人には見えていない様子。瑚太朗は幽霊の少女に再び腕を噛まれてもう満身創痍。あの少女・・・一体何者なのでしょう?

あと、幼馴染の神戸小鳥(かんべ ことり)にはやっぱり幽霊の少女が見えているような気がします。だとしたら、小鳥と幽霊の少女には何か関係があるのでしょうか?

幽霊の少女の出現で朱音に式神を用意してもらおうとオカルト研究会の部室にやってきた瑚太朗。そこで静流と会い、「私も秘密を教えたい」という事で静流が生まれ育った家に行くことになりました。

そこで明かされたのは、静流には不思議な力があって、その力で両親の記憶を消して今は生まれ育った家を離れて暮らしているというものでした。まさか静流にも超能力があったなんて!

しかも、静流の能力が協力に発現するきっかけになった事件には、何かの魔物が関係しているような描写もありました。やっぱり「Rewrite」は超能力ミステリー的なアニメとしてお話が展開していくのですね!

この他にもクラス委員長の此花ルチア(このはな るちあ)が自分の潔癖症についても苦しんでいる描写がありましたが、これも何かの能力の副作用とかペナルティみたいなものに苦しんでいるという事なのでしょうか?

少しずつ超能力や魔物といった要素が物語の鍵である事がハッキリしてきた「Rewrite」。今後も登場人物の謎が明かされたりしていくのかもしれませんから、この先も目が離せませんね!

「NEW GAME!」第3話「遅刻したらどうなるんだろう」レビュー

NEW GAME

第3話のサブタイトルは「遅刻したらどうなるんだろう」です。オープニング冒頭で目を覚ました青葉がスマホの時間を確認すると・・・8時51分!「遅刻だ~!」という青葉の絶叫からスタートです。

電車の中でコウやりんに怒られる心配をする青葉。「罰として!今日はパンツで泊まってもらうからね!」なんて事にはならないから大丈夫!しかし・・・青葉のパンツは白なのでしょうか?

「NEW GAME!」3話 (12)

そんな心配をしていると、電車の中で同じキャラ班のゆんさんと会いました。どうやらゆんさんも遅刻したみたいです。運動神経に自信のない者同士で駅から走ると決めましたが、ゆんさんより青葉の方がさらに走るのが遅かった!しかも見事に顔から転んでカバンの中の物を道路に散乱させる有り様。青葉ちゃん・・・踏んだり蹴ったりですね。

キャラ班の先輩のひふみさんも遅刻組で、3人揃って出社。コウさんからガツンと怒られますが、青葉が転んだという理由に温情が出て、遅刻に関しては遅刻届の提出だけで済む事になりました。良かったね!青葉!・・・となるはずが、遅刻届の理由が寝坊だったり朝食に時間がかかった(顔文字つき)と天然ボケ炸裂でコウさんも頭を抱えてしまいました。正直すぎるのも・・・考え物ですよね。

「NEW GAME!」3話 (13)

そんなドタバタもありましたが、気持ちを入れ替えてお仕事開始!

青葉が初めて担当したキャラクターは村人の女の子。なんとか完成させてコウさんにチェックしてもらうけど、ダメ出しされてリテイクする事に。ちょっと落ち込んだ青葉ですが、コウさんが夜遅くまで頑張っている姿を見てやる気が出てきたようです。頑張れ!青葉!

その後もリテイクが続いて凹んではチャレンジの繰り返しの青葉に優しく声をかけてくれたのはりんさん。本当なら既にOKをもらえる完成度には達している青葉のキャラですが、コウさんはそこで妥協して欲しくなくて厳しくリテイクを出している事を知りました。

「自分が期待されている」という事を教えてもらった青葉。帰り道の元クラスメイト・ねねとの電話でのやりとりもあって、NPC作りに大切な何かをつかんだよう。キャラクター1人1人の個性。それがキャラの魅力になるんですね。

そして翌日。早朝の電車に乗って出勤してキャラクターのモデリングに取り組む青葉。この日も会社に泊まり込んでいたコウさんも、その様子を見ていい感じになってきたと感じているようです。それにしても、コウさんは会社に泊まるとやっぱりパンツ姿!ほうほう。今日は白ですか。

Cnpubj0UAAEZ_XX_orig

個性を意識するようになった青葉のキャラクターは、ついにコウさんからOKをもらいました。やったね!青葉!

しかし、NPC作りはまだまだ終わりません。最終的には1日1体のモデリングが出来るようにならないといけない!コウの厳しい指導に青葉が「下着姿で寝るなんてありえないです!」と悲鳴を挙げてました。視聴者としては青葉のパンツも見たいですよね!

こうしてドタバタながら1つの試練を乗り越えた青葉。遅刻もしたけど、コウさんの仕事に対する姿勢を見て前よりも社会人としての意識が強くなってきたみたいですね。

初々しい青葉がちょっとずつ成長していく様子も微笑ましいアニメ「NEW GAME!」。お仕事を題材にしたアニメだけど、登場人物はみんな優しいし、見ていて本当に温かい気持ちになれますね。

これからも青葉の成長の様子が楽しみな「NEW GAME!」。次回の放送が待ち遠しいです!

「ReLIFE」第3話「オッサンなんですから」レビュー

ReLIFE

オープニングは新太の登校シーン。下駄箱を開けるとそこには昨日のお昼に千円を貸した日代千鶴(ひしろ ちづる)からお返しの手紙が。手紙を開けると・・・千円札が面白く折られていました!

ReLIFE 3話 感想 09

日代さん、かなり天然キャラで攻めてきます!

教室での新太と日代さんのやりとりも微笑ましいですね。そして、まさに微笑ましく2人を見守るリライト研究所の夜明了(よあけ りょう)。そんな夜明の視線を感じる新太の心境は複雑です。

1年後には誰からも忘れられてしまう高校生活。ちょっと複雑ですよね。

しかし!追試は容赦なくやってきます。編入組の新太と小野屋杏(おのや あん)は追試も赤点。2人の勉強を見ている大神和臣(おおが かずおみ)も驚きの点数の悪さです。

ancb00786

そんな3人の様子を見て会話に加わってきたのは大神に好意を抱いている(だろうと新太は思っている) 狩生玲奈(かりう れな)。大神は新太達の勉強の態度を玲奈に叱ってもらおうと話を振りますけど、よりにもよって「玲奈が大神を好きかもしれない」という話題を出そうとするから新太と杏から呆れられる始末。大神よ・・・勉強は出来ても女心はからっきしなんだな。

そんな4人の輪に話しかけてきたのはクラス委員になった日代さん。彼女も「友達作りを頑張らないと」と人付き合いな自分を変えようとするのですが・・・その笑顔は逆効果!逆効果ですから!

ancb01199

場面は変わって体育の授業。体力測定のようですけど、他のクラスメイトに比べて運動神経がダメダメな結果の新太。見た目は高校生でも実際は27歳ですからね。リライフの薬は本当に見た目だけで運動神経みたいな身体機能まで若くしてくれるようではないみたいです。

挙句の果てには50m走で転んでクラスメイトの男子にお姫様抱っこで保健室まで運ばれる始末!これはきつい!10歳年下の男子にお姫様抱っこされる27歳ニート!色々ときつい!

ancb03178

自分がこの立場だったらメンタルがもつか怪しいですね。

それから数日後。1人で登校する日代さんを見つけて話しかける新太。こうして新太と話す時は普通に笑顔になれる日代さんなのに、玲奈に挨拶しようとすると緊張して物凄い怖い作り笑いになってしまいます。その作り笑いを誤解して受け止めてしまった玲奈。クラスでの成績の事や大神の事、そして日代さんが人の名前を覚えるのが苦手な事などが誤解を生みまくって、なんだか怪しい雲行きになってきそうです。

夜明のレポートのシーンでは、新太のリライフ生活は多少のトラブルはありつつも順調な様子。そして、夜明も人間関係の中での玲奈の存在に注意が必要だとしっかり注目しているようですね。怪しい人だけど人物観察はしっかりしているみたいです。

新太のリライフ生活も順調に進み、人間関係も固まり始めた第3話。続く第4話の予告タイトルは「堕ちる」。映像の様子だと玲奈の心情を表しているようで、これは波乱の予感がします!

27歳のニートが送る高校生活がドラマチックに展開する「ReLIFE」。シリアスとコミカルのペース配分もいい感じで、安心して見られる良作品だと思います。

「Rewrite」第3話「ウェルカム、超常現象」レビュー

Rewrite

Keyのゲームが原作のアニメ「Rewrite」。第1話では巨大なモンスターが出てきたりしたけど、第2話では一転して学園生活メインでした。さて、今回の第3話ではどんな話になるのでしょうか?

謎の少女の幽霊(?)に悩まされていた主人公・天王寺瑚太朗(てんのうじ こたろう)は、オカルト研究会の会長・千里朱音(せんり あかね)からもらった式神によってどうやら平和な夜を過ごすことが出来ているようです。あの式神、本当に効力があるんですね。

「Rewrite(リライト)」3話 (3)

朝の全校集会では「収穫祭」という催しがある事が語られました。どうやら街全体で取り組む行事のようで、その間は学校も1週間お休みらしいですね。こういうイベントはアニメ的には当然何かのハプニングや事件が主人公を襲うのが相場。これは伏線のニオイがします!

で、全校集会が終わってから部室にやってきた瑚太朗は謎の少年(青年かも?)と出会いました。名前は鳳咲夜(おおとり さくや)。名前から転校生・鳳ちはや(おおとり ちはや)の関係者のようですが、どうやらちはやの執事的な存在らしいです。そんな咲夜ですが、言動からしてどうも瑚太朗に対してあまり好意的な感情を抱いていない様子。何か理由があるのでしょうか?

「Rewrite(リライト)」3話 (8)

そして放課後の部室ではオカルト研究会の活動。瑚太朗をそっちのけで皆でお茶したりしてますが、「会長に超常現象の存在を証明する(そして胸を揉む)」という目的のため、今回はブログに情報提供があったツチノコ探しをすることになりました。しかも、ツチノコは見つかっちゃうのですが・・・自称「UMAハンター」の津久野(つくの)という(色んな意味で)怪しい人が登場します。

ツチノコの情報はどうやら津久野によるガセネタのようで、初の調査活動はうやむやのままに完了となってしまいました。

その後は風紀委員・中津静流(なかつ しずる)が眼帯をしている理由がオッドアイを隠すためだという事が分かったり、クラス委員長の此花ルチア(このはな るちあ)が常に手袋をつける潔癖症のわりにはゴミの分別などに積極的な一面があったりと、ヒロイン達のキャラクターが掘り下げられていきます。この話も今後の伏線になったりするのでしょうか?

そして放課後。ルチアにフルボッコにされて保健室で寝たきりになっていた瑚太朗は、帰宅途中に謎の少女の幽霊が魔物に追われている所に遭遇します。これは第1話に続いての超常現象的な展開!やっぱり「Rewrite」はただの学園モノじゃないようですね。

しかも瑚太朗も超能力を使えることが判明しました!身体能力を書き換える超能力のようですね。その効果は電車よりも早く走ったりビルの屋上まで飛び移れるくらい超人的な身体能力を獲得できるほどです。ただ、一度書き換えてしまうと元には戻せないらしい発言もありました。この能力は謎の少女の幽霊や第1話で見た夢と何か関係があるのでしょうか?

「Rewrite(リライト)」3話 (35)

さらに、超能力を使って謎の少女の幽霊を追っていた瑚太朗の前に、赤いパーカー姿の謎の男が現れました。「アレの気配」「こっち側」「狩猟者」というキーワード。これも「Rewrite」というアニメの謎の真相の手がかりになる重要な伏線のようですね。

また、追い詰められた瑚太朗を救った謎の男も気になります。一瞬しか映らなかったのではっきりとは分かりませんが、あれは咲夜でしょうか?

意識を失い、目を覚ました瑚太朗は屋台で2人のおじさんに出会います。アンティークショップを経営する江坂というおじさんはオープニングにも登場している人物だから、この人も物語の鍵を握るキーパーソンとなりそうですね。

「Rewrite(リライト)」3話 (43)

やっぱりただの学園モノではなかった「Rewrite」。魔物の存在といい、瑚太朗の超能力といい、日常とは別に何か異質な存在や世界が隠されていそうです。

「Rewrite」の謎が今後どんな真相に辿り着くのか、第3話でぐっと魅力が増してきた気がします!